1袋6800円(税込)
単品購入
2袋12000円(税込)
単品購入

水に溶けて飲みやすい!50食分入りで1食当たり136円ショコラ味・バニラアイス味一袋(1kg)¥6,800(税込)

続けて実感。ご注文はこちらから

一つでも当てはまる方はSOYPROTEINをおすすめ致します
美容や健康のために運動をしている方はしっかり朝食を食べて良質なたんぱく質を摂取する必要があります。

不足していると

たんぱく質不足になると‥

  • 筋力維持、成長力の低下
  • 肌の代謝が落ち、老化やたるみの原因に
  • 糖質のとり過ぎ、エネルギー過剰になりやすい

朝食抜きの生活になると‥

  • 内臓の働きが鈍くなり代謝が落ちる
  • カラダのサイクルが悪くなり便秘などになりやすい
  • お昼ごはんなどで過度に栄養を摂取しやすくなる

でも毎日意識するのは難しい。だから朝食には溶かすだけで簡単なSOYPROTEIN

朝専用SOYPROTEIN。毎日の朝食代わりに1食あたり71kcal、大豆性タンパク質100%、美味しいショコラ味、バニラ味

毎日飲んでも飽きない美味しさ。健康と美容に必要な栄養素が豊富。時間のない朝でも手軽で簡単。朝専用!SOYPROTEIN

水に溶けて飲みやすい!50食分入りで1食当たり136円ショコラ味・バニラアイス味一袋(1kg)¥6,800(税込)

続けて実感。ご注文はこちらから

しなやかなメリハリボディを創る SOY PROTEINの8つの特徴

  1. 100%植物性大豆タンパク質
  2. 美容効果大豆イソフラボン
  3. ウェイトコントロール脂肪燃焼サポート
  4. 成長ホルモンの分泌を促すグルタミン
  5. 1食当たり71kcal砂糖不使用
  6. シェーカー不要で混ぜるだけ
  7. デザート感覚で美味しく飲みやすい
  8. 高タンパク質・低脂肪・低炭水化物

私に全てお任せください

ボディデザイナーのこだわりが詰まった大豆プロテイン。

ボディメイクの専門家として働く中で、健康で美しくありたいと願う女性の食生活を整えていくためのサポートが出来る商品を開発したいという想いがありました。ただ単に食べる量を減らすだけの「不健康」なダイエットからは卒業してください。大豆プロテインの力を借りて、ぜひ美しく健康な体を目指しましょう。

BODY DESINGER長谷川 浩久

COMMENT
現在の日本の食生活は、「好きなときに好きなものを好きなだけ」食べられる環境。これはとても幸せなことですね。しかしながら、同時に多くの人たちが自分の食習慣をコントロールできずにいるのが現状です。今や食べることを「趣味」としている人が多い時代。街を見渡せば食欲を刺激するメディアで溢れています。ただでさえ運動量の少ない人であれば、食の「趣味化」はエネルギーの過剰摂取につながり、栄養の偏りや肥満の原因となってしまいます。 そして増えてきたのが「不健康」なダイエット。間違った形で食べる量を減らせば、体重は減っても無意識のうちに体に必要な栄養素を失っています。そのことをどうか忘れないでください。 ボディメイクの専門家として働く中で、健康で美しくありたいと願う女性の食生活を整えていくためのサポートが出来る商品を開発したいという想いがありました。毎日の生活の中で取り入れやすいように、「手軽に・おいしく」飲むことができ、満腹感・満足感を感じることの出来るものでないといけないと考えました。その試行錯誤の中で出来上がったものがこの大豆プロテインです。輝く女性の美と健康のために日常生活に取り入れて、食事環境を整えていくことをお勧めします。
PROFILE
大阪府出身。立命館大学卒業後、独自の理論での肉体改造を開発し、ボディーデザイナーとして独立。
関わったクライアントは250人を超え、落とした総脂肪削減量は2.5トンを突破している。ダイエット、ボディメイクの成功率は非常に高く、リバウンドはほとんどないことを自負している。
大阪府出身。立命館大学卒業後、東京都内のアパレルメーカーに約2年間勤めた後、独自の理論での肉体改造を開発し、ボディーデザイナーとして独立。
2010年1月5日、TBSのTV番組「超肥満・激ヤセSP100キロ超級ダイエット あの日に帰りたい3」にボディーデザイナーとして出演。
2010年7月7日、プライベートフィットネスクラブ「Rise(ライズ)」を開設。関わったクライアントは250人を超え、落とした総脂肪削減量は2.5トンを突破している。ダイエット、ボディメイクの成功率は非常に高く、リバウンドはほとんどないことを自負している。
長谷川の運営するRise公式ページへ
rise

こんな人におすすめです!ダイエットと美容の両立!

しなやかなメリハリボディを目指すダイエット中の方
しなやかなメリハリボディを目指すダイエット中の方
詳しく見る
ダイエット中の方は必要な栄養素が足りなくなってしまいがちです。このSOY PLOTEINは栄養価が高く、食品のアミノ酸の構成を比較して栄養価を判定した数値であるアミノ酸スコアは100あり、バランスも非常に良いです。また消化吸収も緩やかでダイエット中の方でもお腹も満たされ、満腹感を感じやすいです。基礎代謝を高める効果もあるので、脂肪燃焼サポートも期待できます。ダイエット中でも筋肉を維持しながら、ダイエットを進めていくことができます。
美容やアンチエイジングなど美に対する意識の高い方
美容やアンチエイジングなど美に対する意識の高い方
詳しく見る
美への意識が高い方は体型への意識はもちろんのこと、肌や髪質などにも気を遣ってらっしゃる方が多いと思います。このSOY PLOTEINは大豆由来の植物性のタンパク質でできており、筋肉維持のためはもちろんのこと、肌や髪の毛のもととなる大切な栄養素となります。肌や髪の毛に張りやつやがもたらされます。また大豆イソフラボンも含有されており、ホルモンバランスを整える、老化を防ぐ抗酸化作用などもあり、美容効果も期待できます。
食事が不規則で、必要な栄養素が摂ることが難しい方

詳しく見る
現代社会においては仕事などで不規則な生活を送っていて、簡易な食事になってしまい、必要な栄養素が摂れていないという方が多くいらっしゃいます。しかし美容・健康のためにはしっかりと必要な栄養素を摂ってあげる必要があります。食事でタンパク質がしっかりと摂れていないときにSOY PLOTEINをプラスで摂取することでバランスを整えることが出来ます。
良くお問い合わせをいただくのは、
どうやって朝食に取り入れたらいいかわからない
という内容です。
SOY PROTEINを取り入れた朝食メニューをご紹介します。

SOYPROTEIN おすすめ朝食メニュー

ヨーグルトと一緒に。ヨーグルトに混ぜる事で更に美味しい。こんな時におすすめです!まずは美味しく続けたい、便秘気味、食事管理ができている。

水、牛乳、豆乳と合わせて。牛乳や豆乳と合わせるとシェイク感覚に!「前日、食べ過ぎてしまった」「ダイエット中」「糖質を抑えたい」そんな時におすすめです。

ミューズリーと一緒なら満足な朝食に!「満腹感が欲しい」「腹もちを良くしたい」「食事管理ができている」そんな時はおすすめ。

健康・美容に気をつけているあなたにこそ試してほしいSOY PROTEIN

朝食をとれば・・・

  • 脳の働きが活発になり、1日の集中力や記憶力が上がる
  • 朝食をとることで内臓が働き、体の代謝が上がる
  • 便秘解消
  • お昼のドカ食いを抑えられる

大豆たんぱく質をとれば・・・

  • 筋肉の維持、成長を助け、脂肪燃焼効率が上がる
  • 肌の代謝を上げ、老化やたるみを防ぐ
  • 糖質のとりすぎを防ぎ、エネルギー過剰を防ぐ

SOY PROTEINを飲む前に…プロテインをもっと知ろう

プロテインって何?
ずばり、タンパク質のことです。タンパク質を手軽に補給できる栄養補助食品のことをプロテインと呼んでいます。
他のソイプロテインと何が違うの?
水に溶けやすく、味がとにかく美味しいのが特徴です。何でも、始めてみたけど続かない…なんて事になるともったいない。そこで追求したのが味です。そもそもソイプロテインは大豆独特の風味が出ており、飲みにくいという意見が多いのも特徴ですが、このプロテインはショコラ・バニラアイスどちらの味も甘味を加えて飲みやすくなっています。毎日の生活で無理なく、飲みやすいように他のソイプロテインよりも味にはこだわりました。また、スプーンで混ぜても溶けるので、粉っぽい感覚もなく手軽にサラッと飲みやすいです。
タンパク質が大事な理由
タンパク質は筋肉だけでなく、内蔵・皮膚・髪の毛・骨・歯・ホルモン・酵素など、身体を創る上で必要不可欠な栄養素です。
その為タンパク質が不足すると、筋肉が減少して代謝が下る、肌荒れや肌のハリが失われる、ホルモンや神経バランスが崩れる、などの影響があります。過不足無くしっかりと補う事が大切です。
プロテインを飲むと筋肉ムキムキになる?
これは【×】です。プロテインを飲むだけでムキムキになれれば、男性は殆どの方が飲まれるのではないでしょうか(笑) プロテインの種類の中の一つであるホエイプロテインは、トレーニング後に飲む事で筋肉の成長を促す作用がありますが、だからと言ってムキムキにはなりません。プロテインとはあくまで栄養補助食品ですので、身体を創る上で必要な栄養素を手軽に補うものです。 また、ソイプロテインはダイエット向きのプロテインですので、反対に理想の身体創りをサポートしてくれます。不足しがちなタンパク質(プロテイン)を正しく補いましょう。
女の人が飲む物なの?
プロテインと聞くと男性だけが飲む物のようなイメージですが、実はそうではありません。肌の老化や髪質にこだわる美の意識の高い女性に特にお勧めなのです。朝食や間食の変わりに、ダイエットへの第一歩として、もしくは美容や健康の為に、といったニーズをお持ちの女性には欠かせない飲み物です。
人前で飲むのが恥ずかしい(仕事場に持っていくのが
恥ずかしい)
プロテインは専用のシェイカーなどで振って混ぜて、飲んで頂くものがほとんどです。女性の方であれば、おおげさな感じがして恥ずかしいという方多くいらっしゃいました。そういった声から改良を加え、このソイプロテインは非常に水に溶けやすく開発しております。その為、従来では専用のシェイカーで振って混ぜて頂かないとだめでしたが、大きめのコップに入れてスプーンなどでかき混ぜて頂くだけで飲むことが出来ます。職場や外出先でも手軽に飲んで頂けます。
プロテインに種類があるのはなぜ?
プロテインには主に3種類あります。ソイプロテイン、ホエイプロテイン、カゼインプロテインです。これらはそれぞれ原材料や効果などが異なるため、目的に応じて選択します。○ソイプロテインは大豆から作られており、最も吸収が緩やかなプロテインです。消化・吸収に時間がかかる為、満腹感が得られやすく、代謝を高めてくれる働きがあります。その為、食事や間食として代 用していただくとダイエット効果が高まります。
  • ○ホエイプロテインは牛乳から作られており、3種類の中では最も吸収速度が早いプロテインです。トレーニングを行った直後に疲労回復や筋肉の分解を抑える為に摂取すると効果的です。体づくりには最適なプロテインです。
  • ○カゼインプロテインは、ホエイプロテインと同じ牛乳から作られていますが成分が異なります。簡単に言うとホエイプロテインとソイプロテインの中間的な働きで、ホエイプロテインよりも吸収は緩やかですが、同じく筋肉の分解を抑える働きがあります。間食や就寝前の栄養補給として摂取する事が勧められます。
ソイ(大豆)プロテインが良いのはなぜ?
ソイプロテインは、プロテインの種類の中でも非常に吸収が緩やかなものです。分解・吸収が遅い為に体内に留まりやすく、満腹感が持続しやすいのが特徴です。
またソイプロテインは大豆を原料としている為、大豆イソフラボンを含んでいます。この大豆イソフラボンは女性ホルモンである【エストロゲン】と似た働きをすると言われており、美肌効果や老化予防、ホルモンバランスを整える、コレステロール値の上昇を抑制する、といった働きが期待できます。また男性では、過剰な男性ホルモンのバランスを整えて薄毛や抜け毛を予防する他、前立腺肥大や動脈硬化 の改善にも期待できるといわれています。
食事はカロリーを抑えるだけじゃだめなの?
ダイエットでよく意識されるのはカロリーをできるだけ減らす事だと思います。確かに摂取するカロリーを減らせば体重(脂肪)が減っていく可能性がありますが、同時に筋肉も減ってしまいます。
そこで必要になるのがタンパク質。上記でも述べている通り、タンパク質は身体を創る上では欠かせない栄養素です。カロリーを抑えながらも、必要なタンパク質は毎日補う事が望ましいのです。
運動をしないのに飲み続けると太りそうだけど?
ソイプロテインは吸収が非常に緩やかな上、ソイ(大豆)が原材料であり、大豆は植物性のタンパク質の為脂肪に変わりにくい特徴があります。また、お菓子やカロリーの高い食べ物を控えてソイプロテインを飲んでいただく事で、余分なカロリーを抑え健康的な食事バランスに近づけます。
もちろん、併せて運動を行っていただく事でダイエット効果はより大きくなります。
ソイプロテインはいつ飲めばいいの?
皆さんの生活習慣にもよりますが、朝食を抜きがちの方には朝食として、毎日間食を摂られる方にはお菓子の変わりに飲んでいただく事をお勧めします。
飲みやすいタイミングで続けてみてください。

お客様の声 ご愛用頂いているお客様からのお手紙を一部ご紹介

  • とにかくおいしい!

    中田様
    39歳 女性
  • プロテインのイメージと違う!

    プロテインのイメージと違う!井藤様
    35歳 男性
  • これなら、おやつ代わりに飲める!

    岡部様
    女性 36歳
  • トレーニング後も続けたい!

    能浦様
    男性 36歳
  • プロテイン独特のにおいがない

    岡部様
    男性 38歳
  • 美味しすぎます

    細山田様
    女性 35歳
  • 体調がよくなりました!

    谷様
    女性 39歳

薬剤師さん・管理栄養士さんに聞きました。

どんな人にプロテインは必要なの?

タンパク質は体の組織を作っていく上で非常に重要な栄養素です。筋肉、皮膚、髪の毛や爪、臓器、そしてホルモンや免疫体など体の大部分は、タンパク質によってできているのです。
本来の使用目的としては、食品から摂れるタンパク質の量が足りていない人が効率的にタンパク質を補っていくために摂取するべきサプリメントです。食事でタンパク質の摂取が出来ていない人は積極的に飲むと生活リズムを整えることが出来ます。全て食材から摂るのも大変ですので、しっかりプロテインで補っていきましょう。

プロテインの副作用は?

プロテインはタンパク質を粉末状にした食品ですので、副作用はないです。ダイエットやウェイトコントロールに使用して頂いて、大丈夫です。安心して飲んでください。
ただ摂り過ぎることによって、エネルギー過多になり、肥満の要因になるということはありますので、摂取量は適量にするようにしてください。
日常的に運動をしていない人が一日に摂るべきタンパク質の摂取量の目安は、自分の体重の数字×1gですので、50キロの人は一日50gのタンパク質が必要です。よく体を動かす人や日常的に運動をする人の摂取量は体重の数字×2gとなります。

大豆イソフラボンについて

この商品は、大豆由来のプロテイン。大豆イソフラボンが含有されています。
大豆イソフラボンには抗酸化作用もあり、美容にも非常に良いのです。美容の敵は酸化。この酸化を抑えてくれる良質のタンパク質、大豆イソフラボンが含有されている大豆プロテインは飲む美容液とも言えます。

グルタミンの効果は?

グルタミンは、筋肉に痛みや痙攣を起こした場合にサプリメントとして用いられる、非必須アミノ酸。がんや免疫不全症に陥った患者さんにも摂取を推奨するタンパク質である。グルタミンを摂取すると免疫細胞が増え、風邪をひきにくくなると言われています。
また筋肉痛の回復を効率的に促す効果もあります。ダイエットで運動している方にもお勧めできます。

この2つが配合された「SOY PLOTEIN」は、美しくウエイトコントロールをしたい人達にお勧めのプロテイン。しかも、飲みやすい!美しく痩せたい人の味方です。

薬剤師 児島 惠美子 認定薬剤師/スポーツファーマシスト医療心理学協会理事長/メディセレスクール理事長

大豆プロテインについて

厚生労働省の健康日本21では、豆類の1日摂取目標量を100g以上と掲げています。一方、20歳以上の成人女性の1日あたり平均摂取量は53.3gであり、年代別の報告では20代、30代の女性が40gを少し上回る程度で平均を下回っています(平成23年国民健康・栄養調査結果より)。
 大豆は「畑の肉」ともいわれており、タンパク質を豊富に含んでいます。その一方で、コレステロールを全く含んでいません。お肉やお魚から摂るタンパク質ももちろん大切ですが、大豆のタンパク質にも注目してみてください。

タンパク質摂取不足がもたらす影響について

タンパク質=筋肉の構成成分と思われがちかもしれませんが、筋肉だけでなく、内臓、皮膚、爪、毛髪といった体全体の構成に関わっています。また、体の正常な機能を保つのに欠かせない酵素のほとんどはタンパク質から成っていますし、ホルモンや神経伝達物質の原料にもなります。
つまり、タンパク質が不足すると…

  • ①痩せにくい体になります。
    タンパク質が不足すると筋肉などから分解して補おうとするため、多くのエネルギーを産生・消費する筋肉(糖取り込みの90%は筋肉といわれています)が細くなり、代謝が悪く痩せにくい体になります。
  • ②肌や髪も元気がなくなります。
    「美肌=ビタミン」と思われがちかもしれませんが、タンパク質が不足するとお肌のハリがなくなり、カサカサになります。タンパク質から成る髪の毛も同様です。
  • ③風邪をひきやすくなります。
    血液中でウイルスなどと戦う免疫グロブリンが不十分になり、抵抗力や治癒力が低下します。
  • ④心が不安定になりやすくなります。
    コルチゾールなどストレスに対抗するホルモンや、心の安定に必要なセロトニン、やる気に関わるドーパミンといった脳内神経伝達物質が不足し、心まで風邪をひいてしまいます。タンパク質は筋肉の元となるだけでなく、脳の神経を活性化したり、神経の働きをよくして精神的に安定させたりといった効果もあります。
    ストレス社会を生きる現代女性が、美しく・健康に毎日を過ごすためにタンパク質は欠かせないものといえそうです。

現代女性のタンパク質摂取について

日本人の食事摂取基準(2010年度版)によると、18歳以上の女性のタンパク質推奨量は50g/日とされています。厚生労働省が行った平成23年国民健康・栄養調査結果より、20歳以上の女性のタンパク質摂取量は、1人1日あたりの平均値で61.8gでした。推奨量より上回っており、多くの女性が「タンパク質不足」というわけではないようです。日本は食糧の多くを輸入に頼る一方で、食の選択肢が多く、お肉やお魚、卵、豆製品など容易に手に入れやすい環境にあるので当然の結果かもしれません。
しかし一方で、様々な情報が溢れ、無理な食事制限など間違ったダイエットをされている方も多いのではないでしょうか。カロリーを気にして、野菜や果物ばかり食べていませんか?朝食を抜いていませんか?20代女性の朝食欠食率は28.8%と、約3割の方が朝ごはんを食べていないという報告もみられます(平成23年国民健康・栄養調査結果より)。
また、「ダイエットはしていないから大丈夫」という方もご自身の食生活を振り返ってみてください。菓子パンやおにぎり、麺類だけで食事を済ませていませんか?
こういった質問に該当する方は、タンパク質が不足しているかもしれません。

植物性タンパク質の良い点について

私たちが食べるタンパク質には「動物性」と「植物性」があり、大豆プロテイン(=大豆タンパク質)は「植物性」タンパク質に分類されます。その特徴として、動物性タンパク質より飽和脂肪酸やコレステロールが少ない、つまり「低脂肪」という点が挙げられます。一方で、動物性たんぱく質に比べて利用率(体の中で利用される割合のこと)が低いといわれることがありますが、大豆は植物性タンパク質の中でもアミノ酸スコア(ヒトが体内で合成できない必須アミノ酸の配合バランスを基に、食品中のタンパク質の品質を評価した値)が高く、「良質な」タンパク質であることが特徴です。

管理栄養士 横田 直子 1986年生。奈良県出身。管理栄養士。現場での栄養士業務など経験後、現在は奈良女子大学大学院にて「女性ホルモンと糖代謝」を主なテーマとして研究しています。

お得に買って、あなたに合ったプロテイン生活を。

単品購入まずはお試し・・・という方!¥6,800
カートにいれる
単品購入まずはお試し・・・という方!¥6,800
カートにいれる

SOYPROTEIN ショコラ味・バニラアイス味
送料が一律400円(離島はのぞく)

大豆プロテイン、ショコラ味の栄養成分表

大豆プロテイン、バニラ味の栄養成分表示

このページの先頭へ